一般社団法人ハッピーネット認定

笑み筋体操インストラクター養成講座開催のご案内

元筑波大学教授の林啓子先生が中心となって開発した笑み筋体操Rのインストラクター講習会、この講習会はどなたでも参加できます。

笑いのメカニズムや笑み筋体操の手技や指導方法を学び、認定試験に合格すれば笑み筋体操Rインストラクターとして様々な場所で活動することができます。(1日講習です)

 

2017年は8月または9月に開催予定です。日程確定次第、ご案内いたします。

★講師:法人正会員 小野 彰子 笑み筋体操インストラクター/インストラクター養成講師

★筆記用具・昼食・飲み物をお持ちください。(近くにコンビニがあります) 

★講習内容

「笑いのメカニズム」(2時間)、「笑み筋体操の手技と指導方法」(1時間)

 

★認定試験

実際に人前で体操ができることが認定条件です。講習科目終了後、実施します。

  

★問い合わせ先 ご質問等ございましたら下記にご連絡ください。

一般社団法人ハッピーネット 関東支部 担当 小野(講師/ハッピーネット理事)

電話(当日の緊急連絡先) 080-3174-5543(留守電の場合にはメッセージをお残し下さい)

 メール info@emifronte.org

 

私、小野はなぜ笑み筋体操インストラクターになったか?

 

笑み筋体操を知ったのは2006年だったと記憶しています。

笑み筋体操がテレビで取り上げられるようになり、笑いと健康の関係、その手技を学びたい人が出てきていたので、開発者である筑波大学大学院林啓子元教授が、資格としての笑み筋体操インストラクター認定講習会をスタートさせようとしていたタイミングでした。

 

講習会は筑波大学内で開催されました。初めて行ったキャンパスは「とにかく広い」の一言。とてもゆったりとして春夏秋冬の自然が楽しめそうなところだなと思いました。

 

講習で強烈に印象に残ったのは

「笑えればいいのか?」「笑いはすべて善なのか?」という物事のとらえ方、そして

「笑いは副作用のない最良の薬」

というキーワードでした。

 

なんとなく「笑うと心身の健康状態はアップするんだろうな」とは思っていましたが、この講習で明確になりました。

そして、この学びを多くの方に知ってもらいたいと思いました。

 

インストラクターになってしばらく講座講師などを務めた後、認定講習会の講師のお話をいただきました。最初の半年ほどは、林先生が指導される認定講習会でアシスタントを務め、その後、認定講習会講師として活動するようになりました。

アシスタント時代、毎回座学を聞きましたが、都度きちんとメモをとり、指導用のマニュアルを作っていきました。

 

現在、認定講習会を受講される方には、介護、看護の現場でお仕事される方や、教育関係のお仕事の方、ボランティアとして活動される方が多くいらっしゃいますが、私は個人的にご自身の生活に笑いのチカラを取り入れるために学ばれることも大いにお勧めします。

 

今、心を病む方が多いですし、病気にならないまでもストレスをかかえている方が本当に多いと思います。

笑うことは心身の掃除です。頭の中の糸が複雑にからんでも、笑うことで少しゆるくほどけてきたりします。

笑み筋体操は笑うに笑えない生活状況の多い現代人に最適な健康法です。

皆さんと一緒に良質な笑い、自身の心身だけではなく、社会も良くしていく笑いを広めていけたらと考えています。